研究室紹介

入山研究室

専攻分野

計算理論


研究分野

量子アルゴリズム.暗号理論


研究内容

 我々の行っている研究は主に量子計算と暗号理論に関するものであり,物理学,数学,情報に関連します.

 量子計算は,Benioffが1980年に量子力学を原理として用いた計算機を考案し,熱の発生しない計算が可能であることを示したことに始まる計算理論で,因数分解や探索問題を通常の計算機と比較して大幅に少ない計算量で解くことが出来ることが知られています.

 我々は,量子計算機で用いられるアルゴリズムの開発や計算量の評価などの研究,その数理的研究の基礎となる量子Turing機械に関する研究を行っています.

 暗号理論では,Ohya,Accardiらによって作られた非可換代数を基にした新しい暗号方式の理論的研究と,その実装を行っています.これは,従来の方式より圧倒的に安全で高速な暗号方式で,今までの暗号方式にない数学的特徴を持っています.


研究テーマ

  • ■量子アルゴリズム
       量子計算機で使われるアルゴリズムの理論的研究

  • ■暗号理論
       非可換代数を基にした,安全で高速な暗号方式の理論的研究と実装


連絡先

iriyama@is.noda.tus.ac.jp

[ページ先頭へ戻る]